ご予約・お問い合わせ 0532-39-8469 休診日/木曜・日曜・祝日

予防歯科

予防歯科

いつまでも自分の歯でいるために…痛くなる前に行く歯医者さん

今の歯科医療は、「治す」よりも「守る」という、予防歯科の考え方が一般的です。
小さいころ、むし歯の治療が苦手だった私自身、とても共感できる考え方で、当院でも積極的に、この「予防」を取り入れていきたいと考えています。

歯は一度削ってしまうと、元に戻ることはありません。また削ったり神経を抜いたりした歯の寿命は、短くなってしまいます。失った歯を取り戻す方法として、 入れ歯やインプラントなどもありますが、自分自身の歯にまさるものではありません。

だからこそ、痛くなったら治療するのではなく、そもそも「むし歯にならないように」「歯周病にならないように」することが、一番大切だと思っています。

むし歯や歯周病にならないようにするには…

定期検診の間隔について

ご自宅できれいにブラッシングしているのに、むし歯になってしまうのはなぜでしょうか?
それは、歯みがきでは落とせない汚れ(歯石とバイオフィルム)があるからです。
バイオフィルムは、1度破壊しても、3ヶ月程度でまた形成されてしまいます。
そのために、1~3ヶ月に1度の定期的なケアが大切なのです。

「セルフケア」と「プロフェッショナルケア」、
車の両輪のように、どちらも欠くことのできない関係です

受診ケース別の残存歯数

予防歯科は、患者さん自身がご自宅で毎日行う「セルフケア」と、歯科医院で定期的に行う「プロフェッショナルケア」の2つにわかれます。

どちらか片方を行っていれば安心…というものではなく、ご自宅と歯科医院両方でケアの両方を行うことで、大切な歯を守り続けることができます。

ご自宅で行うセルフケア

歯みがき

毎日のブラッシングが基本です。できれば1日3回、難しければ2回でいいので、丁寧に、磨き残しのないように、歯ブラシを使って磨きましょう。

フッ素配合の歯みがき剤

フッ素は歯質の強化や、むし歯を防ぐ効果があります。市販のフッ素配合歯みがき粉は、歯科医院で使う濃度の1/10程度ですが、毎日使うことで同等以上の効果を発揮します。

デンタルフロス・歯間ブラシ

歯ブラシでは取り除けない、歯と歯の間の汚れを取り除きます。隙間が大きい場合は、歯間ブラシも効果的です。

洗口液(デンタルリンス)

歯みがきのあとに使います。特に、寝る前に使うことで、就寝中に細菌が増殖するのを防ぎます。

歯科医院で行うプロフェッショナルケア

歯みがき(ブラッシング指導)

ご自宅でのセルフケアが正しく行えるように、一人ひとりの磨きグセや歯の特徴にあわせて、効果的な歯のみがき方を指導します。

PMTC(専用機械を使ったクリーニング)

専用の器械を使って、歯1本1本を丁寧に磨き上げます。痛みは全くありません。
磨き残しや歯ブラシでは磨ききれない歯と歯の間、歯ぐきとの隙間など、徹底的にきれいにします。 また、このクリーニングのあとは、歯に汚れがつきにくくなるため、予防の効果も高まります。

口腔(唾液)検査

歯や歯ぐきの状態、お口の中の細菌の種類や数を調べることで、一人ひとりのお口の状態にあわせた効果的な予防方法をご提案します。

スケーリング(歯石取り)

歯石には、歯周病の原因となる細菌が含まれています。歯みがきやひっかく程度では絶対にとれません。専用の器具を使って、きれいに歯石を取り除きます。

フッ素塗布

生えたての歯には、特に効果的なフッ素塗布。歯科医院専用の高濃度フッ素を塗布します。

シーラント

むし歯になりやすい、生えたての奥歯の永久歯に、歯科用プラスチックで溝を埋めます。